FC2ブログ

  新着情報

8月5日(日)にオープンキャンパスを開催しました

2012/08/09 Thu [Edit]

  8月5日(日)にオープンキャンパスを開催しました。今回のテーマは「臨床現場を知る~現場の話を聞いてみよう~」でした。

120809-1.jpg

 始めに、関学校長の挨拶があり、続いて、本校を紹介するDVDをご覧頂きました。その後は希望の体験会場に移り、各学科が用意したさまざまな体験に参加して頂きました。
 その中でも今回は、作業療法士科の紹介をさせて頂きます。

 まず今回のテーマでもある臨床現場の様子について、本校の卒業生から話をさせて頂きました。作業療法士は、医師や理学療法士、言語聴覚士などの方々と医療チームを組んで、対象の患者様のリハビリテーションを行います。例えば、身体や発達に障害のある方は『箸を使ってご飯を食べる』『歯ブラシで歯を磨く』といった日常生活の中で必要となってくる動作獲得のための訓練を行います。卒業生は、「物を作ったり、調理動作など生活で行う活動、遊び活動などを通してリハビリテーションをする(作業療法)ので、一緒に楽しみながら訓練出来て、とても面白い、やりがいのある仕事です」と話していました。
 午後からは、自己紹介を取り入れたゲームや、目的となるボールを用意し、そこを狙ってボールを投げてより近い場所で止まった方が勝ちとなるペタンクというゲームなど、本校の卒業生が実際に施設や病院で行っているレクリエーションを体験して頂きました。このように遊びながら体を動かすことも立派なリハビリテーションなのです。参加者の皆さんは、最初は緊張している様子でしたが、卒業生が参加者の皆さんの発言を聞いて、どんな些細な内容でも拍手をして盛り上げたり、冗談を交えた話をすることによって笑顔が見えるようになり、終盤では積極的にゲームに参加されているように感じました。このように、うまく患者様のやる気を引き出し、楽しんでもらう工夫が作業療法士には求められるのです。

120809-2.jpg

 今回のオープンキャンパスはいかがでしたでしょうか。実際に臨床現場で働いている卒業生の声を聞くことで、作業療法士の仕事内容や役割について理解が深まったのではないでしょうか。

 次回のオープンキャンパスは8月25日(土)で、テーマは「入試対策講座パート1~面接のポイント教えます~」です。
 皆さんお友達やご家族を誘ってぜひご参加ください。
Top
  新着情報