FC2ブログ

  新着情報

7月24日(日)のオープンキャンパスには、100人を超える皆さんに参加して頂きました。

2011/07/28 Thu [Edit]

 7月24日(日)にオープンキャンパスを開催しました。この日は快晴で、100人を超える皆さんに参加して頂きました。

110727-1.jpg
講堂での全体説明

 今回のテーマは「臨床現場を知る~現場の話を聞いてみよう~」です。本校で学んだ後、山陰の病院や福祉施設で活躍している卒業生が、参加した皆さんに貴重な体験を語る日となりました。
 各学科は実際の現場のことを知ってもらおうと、様々なプログラムを用意しました。その中で、今回は作業療法士科の紹介をさせていただきます。
 まずは、自助具を使った日常動作訓練の実習体験を行いました。自助具とは、日常生活を送る上で困難のある動作を自分で行えるよう補助するために、特別に工夫された道具のことです。例えばグリップを太くして握りやすくしたスプーンや、ピンセットのようにつまんで使うことのできる箸などがあります。

110727-2.jpg
工夫された様々な自助具

 次に、在校生からは作業療法士の特徴や現状についてのクイズが出題され、参加した皆さんは、卒業生達にヒントをもらったりしながら楽しく作業療法士について学びました。

110727-3.jpg
クイズで楽しく作業療法士のことを学びました

 その後、卒業生達が現場の話を語りました。作業療法士は現場に出てからのキャリアが重視されるので、早く実践力を身につけたいという方は4年制より3年制のほうが有利であることや、現在は他の職種の人とそれぞれの専門性を生かしながら意見交換し合い治療を行うチーム医療が欠かせないとの、現場ならではの話がありました。作業療法士の数が増えてきたのは最近のことなので現場は若い世代の人が多く、年が近いので親しみ易い職場環境があることなど、実際の現場で働いて感じたことや患者さんに接する気持ちを卒業生達は率直に話し、皆さん興味深そうに聞いておられました。
 暑い中参加して下さった皆さんありがとうございました。
 次回のテーマは「入試対策講座パート1~面接のポイント教えます~」です。
 入学試験では面接が重視されます。当日は面接のポイントについて詳しい説明を行います。ぜひ参加して、入試対策の第一歩として頂けることを期待しています。
Top
  新着情報